医療求人で医療事務の人気が高い理由

医療求人で人気が高い医療事務

女性の中には医療機関で働きたいと希望する人が多くいます。患者さんの役に立ちたいとかステイタスのある職場で働きたい、あるいは安定性のある職場や女性の多い職場で働きたいといった想いが要因のようです。しかし看護師や臨床心理士などの専門資格を持っていない人も多数います。こうした人達は医療求人の中でも事務系の仕事にチャレンジすることになりますが、医療求人の事務職には大きく分けて2種類あります。それは一般事務と医療事務です。

一つは経理事務や総務事務などといった、いわゆる一般的に知られた事務職です。この場合には医療の現場ではなく事務局部門で働くことになります。求められる能力としては接客応対能力、パソコンスキルといった一般事務と同様の能力に加え、経理部門なら簿記知識も当然必要となります。更に医療機関によっては語学力も必要となります。利用者に外国人が多かったり周囲に外国人がたくさんいるような場所にある医療機関ではTOEICの点数で一定水準以上を求める所もあります。

もう一つは医療事務です。これは一般的な事務職と異なり専門知識を必要とする事務職です。こちらは医療現場の窓口で働くことになります。患者さんが受けた治療内容や薬によって点数が決められており、これを集計して国に申請して診療報酬を得るための事務作業が中心となります。そのため医療事務に関する知識を学んでおくことが必要となり、多くの場合医療事務資格を取得してから就職することになります。最近はコンピュータ化が進んでいることもあり必ずしも医療事務資格を必要としない医療機関も増えていますが、人気が高い仕事のため求人が出れば応募者が殺到するので差別化を図る意味からも資格を取得しておいた方がいいでしょう。ただ現実には資格だけでは採用にならない面もあります。資格よりも経験面を重要視する傾向が強いため転職する場合には未経験でも採用になる求人があるのかどうか確認しておいたほうがいいでしょう。

Copyright (C)2016医療求人で医療事務の人気が高い理由.All rights reserved.