医療求人で医療事務の人気が高い理由

医療求人で時々見かける医療事務とは。

医療求人において、まず思いつくものは医師、看護師、薬剤師の三つの職種でしょう。特に人材不足である看護師と薬剤師の求人は、多く見かけます。ですが、これら人気三職に加えて、医療事務、調剤薬局事務という職種が時々医療系の求人の中にあります。医療事務も調剤薬局事務も、主に女性の方が担うケースが多いです。なぜなら、これらの仕事は未経験でも就職しやすいこと、また、資格取得には特別な受験資格は不要なこと、育児後の仕事復帰の際に、どの地域でも再び就職しやすいというメリットがあるからです。また、給与面もいいと思います。未経験の場合は、地域にもよりますがだいたい12〜14万円の給与となります。未経験でも一年以上働けば、もう「経験者」です。経験者となり、経験者を対象とする医療事務・調剤薬局の求人に応募し、採用されれば給与はだいたい16〜18万になります。医療系の仕事として、地域に貢献することができ、且つ、給与水準も高めなので、とてもいい仕事だと思います。

メリットをあげればきりがありませんが、特に医療事務は大変な業務内容となります。毎月10日が診療請求の締切日となりますので、毎月初旬はとても忙しいです。患者への診療実績とレセプトに少しでも間違いがあると、医療機関はその分のお金をもらえません。なので、間違えないように、仕事に取り組まなければなりません。細かいことに気を配れる方、コツコツとまじめに取り組める方が医療事務には向いていると思います。

Copyright (C)2017医療求人で医療事務の人気が高い理由.All rights reserved.